気鋭のクリエイターが自己PR!公園会イベントフォトレポート

2015.03.17

2015年3月1日(日)に2.5D (渋谷PARCO part1 6F)にて、毒kinokopink×PARK共同主催の【公園会】が開催されました!

 

イベント当日は総勢10組のプレゼンテーターによる自由な形式での活動PRや物販を始め、様々な個人や団体、ショップや企業等が参加するコメンテーター陣による各プレゼンへのコメントやトーク、アーティストやアイドルによるライブアクトなどが繰り広げられ会場を盛り上げました!
当日の出演者情報はこちら

 

たくさんのお客さんが聞き入る中、スライドショーを用いたプレゼン以外にも、ライブパフォーマンスによる実演や実際の制作物を使ったプレゼン等の多種多様な壇上でのプレゼンに、コメンテーターのそれぞれの視点から質問や感想が述べられ、企業コメンテーターから「ぜひ一緒に何かしませか?」という、早速その場で何かが生まれそうな一場面も!
さらにライブアクトでは、色んなジャンルの各アーティストによるパフォーマンスで会場もヒートアップ!
物販ブースでも出演者と来場者や出演者同士での交流がありました!

 

ここからはプレゼンやライブ、物販ブースの様子を写真で公開します!

 

毒kinokopinkによるイベント主旨のプレゼン

 

“インターネットおじさん”としくに

 

東京因果帝国主宰 雑誌『殆ど無い』編集長の苑縁

 

すらぷるためによるヒューマンビートボックスのパフォーマンス

 

ライブ待機中

 

チップチューンガールTORIENAのライブとノガミカツキによるVJ

 

新生 軟式globeが登場

 

Riho Kurokawaのアパレルアイテムを実際にモデルが着用して登場

 

モデルが実物を紹介

 

“叫び”のプレゼンにコメントするPatrick Macias氏

 

実際の制作物を使った、めるとのプレゼン

 

XenoAvatarはモデル着用のイメージ写真を紹介

 

イラストレーターの香夏子は詩の朗読とライブドローイングのパフォーマンス

 

“叫び”物販スペース

 

アーティストのUN©!!は物販での参加

 

五感を刺激する第六感マガジン『殆ど無い』

 

“めると”物販スペース

 

コメンテーター陣による総評と毒kinokopinkのイベント総括

 

PARKとして初めての場所を借りた大きなイベントでしたが、共同主催の毒kinokopink君や会場の2.5Dの皆様、ご出演者の皆様等たくさんの方々にご協力頂き無事開催できる事ができました!
そしてイベント当日は本当にたくさんのお客様にご来場頂き本当にありがとうございました!


戻る

SITE MAP

ONLINE STORE

SOCIAL MEDIA

LANGUAGE